元彼との結婚。子供ができなくて離婚

 

PR|音響工事・音響機器メンテナンスなら|オーダー家具・オーダー収納の店|遺品整理のご相談は|東京・青山のシェアオフィス|長期優良住宅を建てるなら|

私は25歳の時に結婚しました。そして結婚3年目を迎える直前に、アパートを出て実家に戻り、姫路の法律事務所で離婚相談にのってもらい、離婚届の必要事項を記入し、義家に送りつけました。そしてすんなり離婚成立。

相手は高校時代の同級生、同じ部活仲間、しかも私にとって、生まれて初めてお付き合いをした男性でした。当時はお互い若く、彼氏彼女と居るよりも同性の友達と遊ぶほうが楽しい年代で(特に彼氏の方が)3か月と持たずに別れました。それからお互い高校を卒業し、彼は県外の大学に進学したのもあり、4年間会うことも、携帯番号さえ知りませんでした。

時がたち、彼が地元で就職すること、部活の卒業生でOGOBの旅行に行った際、彼と久しぶりには話をし、高校時代に彼のことが好きだった気持ちが再発し、それはお互い同じ気持ちで、そのまま2回目の付き合いをすることになりました。私は短大を出て就職して2年目、彼氏はこの4月から社会人ということで、働いてすぐ結婚というのは立場がない、でも、お互い、空白の4年間を埋めるべく、すぐに同棲生活をはじめました。
同棲して1年経ち、お互いの両親にも了解済みで、結婚式の準備をしはじめました。私は幸せの絶頂で、楽しく結婚準備をしていました。その間、彼の2つ年上の姉が妊娠して、できちゃった結婚をしました。彼の実家は初孫の喜びで舞い上がり、私も甥っこ誕生で喜んでいました。そして義姉の出産から2カ月後、私たちは結婚式を挙げました。義実家とは近距離のアパートに住んでいたので、ちょくちょく義実家に行っていました。義姉の旦那は出張続きで、1人で子育てが大変なこともあり、実家に入り浸っていました。義母も義父も孫が可愛くて仕方がない感じでした。その「孫可愛さ」がのちに、私にプレッシャーとして重くのしかかりました。孫に従妹を作らせたいというプレッシャーです。私自身、結婚したら早い段階で子供を望んでいましたが、排卵障害があり、薬を飲まないと良い卵が育たない感じでした。夫はもちろんそれを知っていましたが、なかなか妊娠に至らず、また、義父母のプレッシャーに押しつぶされているみたいで、私の気持ちを100%理解はしてくれませんでした。

結婚して2年半くらいの時に、一度も妊娠に至っていない、義姉の所は2人目妊娠で義父母の孫バカぶりが最高潮になった頃、夫に言われた一言が私を離婚へと決定づけました。
「子供ができないのはお前のせいだ」と。たしかの、不妊治療で、夫の精子検査などもしてもらい、夫側には異常はなく、私の排卵障害が不妊の原因というのは明確でした。極めつけに、「お前は俺と別れてからいろいろな男と遊んでいたからだ」とまで言われました。高校時代16歳の時に夫と交際した後、私は夫と再会するまで10人くらいの男性とお付き合いをしていました。たまには遊びでの男性もいました。その反対に、夫は女性に興味があまりなかったこと、加えて、顔レベルがそんなに高くなかったこともあり、私と別れてから再会するまで、彼女はゼロでした。故に私が初体験の相手(高校時代はプラトニックでした)。
そこまで言われて、そして義家に行くと、義父が甥っこに向かい「あの子はおばちゃんだからね、早く、いとこほしいよね」というようになり、義家にいくのも嫌になりました。夫とも義父母や義姉にも嫌気がさし、こどもがいない夫婦は極めて簡単に離婚できることに気づきました。

離婚して2年後に今の旦那と知り合い、1年で結婚。31歳の時に、はじめて妊娠し、出産しました。今の夫と6歳の娘と3人で幸せに暮らしています。

PR|英語上達の秘訣マッサージのリアル口コミ.com英語上達の秘訣SEOアクセスアップ相互リンク集住宅リフォーム総合情報オーディオJALカードクレジットカードの即日発行じゃけん童話生命保険の選び方ショッピングカート女性の生き方内職 アルバイト